上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello

5/16~6/16の1ヶ月間
国立公園&都市を愛車で巡るドライブ旅行をしてきました
以下はその旅行記です
------------------------------------------------

ドライブ旅行8日目(5/23・月曜日)
サンフランシスコ → ウィネマッカ(ネバダ州)

前回の記事の続きです。前回の記事はコチラ

デイズインをチェックアウトして向かった先はコインランドリー
旅が始まって1週間が経ち、そろそろ洗濯をしないと品薄です
(あてにしていたデイズインにコインランドリーが無かったのは計算狂ったわ)

アメリカに来て初のコインランドリー
価格はモーテルにあるのと同様、2ドル~4ドルくらいでできるのかと思いきや
そこのは凄く高くて10ドル超えてた

他のコインランドリーの相場もそんな感じかどうかは分からないけど
長旅の際はコインランドリーのあるモーテルに宿泊して洗濯するのが得策ね

洗濯をしている間は暇なのでコインランドリーの隣にあるShanghai Bistro
というお店で早めのランチを食べました

DSC_5094_convert_20110904050131.jpg DSC_5098_convert_20110904050057.jpg
夫の頼んだ四川麺            私の頼んだ上海焼きそば

私の上海焼きそばは具沢山でなかなか美味しかったけど
夫のは麺は茹で過ぎ&スープも美味しくなくて
まぁ、お店の名前が「上海」ですからねぇ~これは夫の選択ミスかと

食後はサンマテオにあるNIJIYA MARKET
DSC_5103_convert_20110904052558.jpg
NIJIYAはロサンゼルスやサンディエゴ、ニューヨークにもある日系スーパー
アメリカにいてもほとんどの日本食材が手に入ります
これから先必要な食材を少し買い足しました

さぁ、いよいよソルトレイクシティに向けて出発です
サンフランシスコからソルトレイクシティまでの距離はざっと1200キロ
到底、一日で走れる距離ではないので今日は途中の田舎町で宿泊です

ところでこの日の「宿」
私は事前に予約しておきたかったのですが、夫は「どこまで行けるか分からないし田舎だから予約しなくても空いているよ」と言い結局そのまま出発
それが後々後悔することとなります

サンマテオから西に走りI-5を北上、サクラメントからI-80を東にひた走るルート
途中、有名なレイクタホがあるのでUS-50(シーニックルート)を通って寄り道
レイクタホまでの運転は私が担当しました
DSC_5130_convert_20110904065045.jpg
世界で指折りと言われる透明度の高い水です
水深はとても深く世界11位だとか。冬はスキーリゾート地としても有名です

ここから夫と運転交代
US-50US-395を通ってリノから再びI-80に戻ります

DSC_5132_convert_20110904075234.jpg

こんな景色がひたすら続きます
だんだんと日が暮れて車の数も減り、行き交うのはトラックばかりに・・・

DSC_5158_convert_20110904065524.jpg

田舎町(ウィネマッカ)に到着した時は夜9時をまわっていました

ところで、問題の宿ですが・・・
冒頭で述べた通り、この日の宿の予約をしていなかった我が家

ウィネマッカの町の道路沿いには、ホリデイインやデイズインなど見慣れたモーテルチェーンがずらりと並んでいたので「まぁ、どこか空いているでしょ」と言っていた夫。ところが空きを聞いていくとこれが驚くことに次々と満室の返事

冴えないモーテルでさえも「NO VACANCY」の電光掲示板が出ている状況に
私の不安とイライラもつのり、夫も「なぜ?どうして?」と焦り・・・

とあるモーテルからは「この通りはどこも鉱業の会社が従業員用に借り上げしてるから空きを探すのは難しいんじゃないかな」と言われる始末

手当たり次第に夫が聞き歩き、なんとかついに一軒空きが見つかりました
足元を見て明らかに高値で売りつけてきたけど、もはや仕方ない

宿を見つけたのが夜10時。疲れ果てました(走行距離735キロですから)
DSC_5163_convert_20110904065900.jpg
外観はボロいけど中は清潔でシャワーの出も良かったので救われました

夕食はJack in the Box(ハンバーガー)を買って部屋で
なんてことないハンバーガーとコーラが美味しく感じました

■走行距離:735.04キロ

ドライブ旅行9日目へ続く・・・

ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
スポンサーサイト
Hello

5/16~6/16の1ヶ月間
国立公園&都市を愛車で巡るドライブ旅行をしてきました
以下はその旅行記です
------------------------------------------------

ドライブ旅行7日目(5/22・日曜日)
サンフランシスコ

前回の記事の続きです。前回の記事はコチラ

サンフランシスコ2日目
この日はサンフランシスコ在住の夫の友人が一日ガイドをしてくださいました
デイズインの無料の朝食を食べて待ち合わせ場所へ
↓(ワッフルメーカーで作った焼たてワッフル・マフィン・りんご等)
DSC_4795_convert_20110827034759.jpg

夫の友人(Nさん)・奥様・娘ちゃんと挨拶を交わし、観光スタート!
(貴重な休日なのに「ガイドするよ」と声をかけてくださって本当に感謝

サンフランシスコの街を熟知したNさん、まず初めに連れて行ってくれたのは
世界一曲がりくねった坂道」として有名なロンバードストリート)
クネクネ坂道があるのはHyde St.と Leavenworth St.に挟まれた1ブロック
約400mの下り坂の間になんとターンが8回もあります!
DSC_4804_convert_20110827032805.jpg
何度となくこの坂道を車で降りたNさん。手馴れた感じであっという間に終了
景色に夢中で肝心のクネクネ坂道を写真に撮り損ねてしまった

それにしても、このクネクネ道の両サイドに普通に生活をする家があって驚き
車の出し入れは不便だし毎日訪れる観光客・・・騒がしいだろうなぁ
(でも、空き待ちの人がいるくらい人気らしいです)


お次はコイトタワー(Coit Tower)
サンフランシスコの観光名所を一望できる展望タワーです
DSC_4809_convert_20110827032907.jpg
駐車場が狭く、午前10時過ぎにも関わらず大混雑
タワーに上るのは有料

窓ガラスが曇っていて少々視界が悪いけど、ぐるりと景色を見渡せます
昨日行ったアルカトラズ島(左)に市街とゴールデンブリッジ(右)
DSC_4814_convert_20110830034156.jpg DSC_4821_convert_20110830034117.jpg

そして、西海岸のウオール街とも呼ばれるファイナンシャルディストリクト
DSC_4819_convert_20110830034010.jpg
真ん中で一際目立つ三角のビルがトランスアメリカ・ピラミッド
サンフランシスコでは最も高いビルで、その高さ260m


お次は、サンフランシスコと言ったらコレ!ゴールデンゲートブリッジ
DSC_4837_convert_20110827033204.jpg
我が家が訪れたのは5月下旬。7月以降は霧で見えにくいことも多いということで(偶然ですが)良い時期に訪問できて良かったです

あと、これまで知らなかったのですが「瀬戸大橋」と姉妹橋だったんですね
石碑が飾られていました
DSC_4880_convert_20110827032039.jpg

橋の歩道をちょっと歩いたりお土産ショップを見たあと対岸へ移動
DSC_4875_convert_20110830043703_20110830044224.jpg
対岸にはビスタポイントという展望台があり、
ここでも橋やサンフランシスコ湾、市街を背景に写真を撮りました


さて、対岸にはお洒落な街サウサリートがあります
ランチはNさん御用達のお店The Spinnakerへ連れて行ってもらいました
DSC_4914_convert_20110827032405.jpg
ヨットハーバーの先端に佇む絶好のロケーション
このドライブ旅行始まって初の小洒落たレストランです

まずは白ワインと生牡蠣で乾杯
DSC_4903_convert_20110827033533.jpg

夫の蟹・エビ・アボカドサンドウィッチ
DSC_4908_convert_20110827033413.jpg
ちょっと味見したけど美味しかったです

私の蟹オムレツ
DSC_4911_convert_20110827033450.jpg
正直想像と違ってて焼きすぎ?ふわふわオムレツじゃなくて残念
(想像と違うねとみんながそう感じていた

レストランをあとにし、再びサンフランシスコ市内へ戻ります
地元民の知る小高い丘にある展望台で景色をしばし楽しんだあと
いよいよフィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフといえば、有名なダンジネスクラブの看板
DSC_5042_convert_20110827033852.jpg
もちろん看板と記念撮影しました

観光客で大賑わい
DSC_4998_convert_20110827040140.jpg

そして、フィッシャーマンズワーフといえばクラムチャウダー
向かったお店はお決まりのBOUDIN
DSC_4968_convert_20110827035817.jpg


店内はとても広くてパンやチャウダーの他にキッチン雑貨なども売ってまます
DSC_4973_convert_20110827035657.jpg

クラムチャウダー
DSC_4988_convert_20110827035938.jpg
味はまぁ普通に美味しい。騒ぐほどではないというのが個人的感想
でも、食べなきゃ分からないし「行きました記念」としては外せないイベントかな


もひとつ王道観光のピア39にも行きたかったけど
この日は、どこかのお金持ちの貸切イベントがあるとかで立ち入り禁止
ついてないなぁ~。にしても、ピア1つまるまる貸しきっちゃうってどんだけ~


さて、先ほどのBOUDINから歩いてギラデリスクエア(Ghiradelli Square)へ
DSC_5018_convert_20110827033751.jpg
ここにはギラデリチョコレートのお店やカフェがあります
この敷地には昔ギラデリのチョコレート工場があったそうです
↓ギラデリチョコってこれ。サンフランシスコ名物の1つです
l_convert_20110830061023.jpg
お店に入ると、試食としてチョコを一枚もらえました
ケーブルカーの形をした缶にチョコが入っている商品が可愛かったので購入


夕飯はフィッシャーマンズワーフにある
Franciscan Crab Restaurantでいただきました
DSC_5049_convert_20110827033948.jpg

店内はレトロな雰囲気でイイカンジ
席が段々になっているので海も見やすかったです
DSC_5066_convert_20110827034118.jpg

これから先のドライブ旅行は内陸・・・というこで
しばらく食べれないからとシーフード三昧

★mussels and shrimp
DSC_5070_convert_20110827034205.jpg

★crab salad
DSC_5072_convert_20110827034246.jpg

★crab fondue with swiss chard      ★black linguine with clams
DSC_5076_convert_20110827034646.jpg DSC_5087_convert_20110827034725.jpg

★whole roasted Dungeness Crab
DSC_5080_convert_20110827034537.jpg

さすがにお腹いっぱい・・・っていうか食べ過ぎで苦しい
Nさんの気配りで食後のデザートを頼んでくれようとしたけれど
アイスクリームマシンが故障中ということでコーヒーのみいただいて終了

サンフランシスコ観光。駆け足でしたが定番観光スポットを
これだけ盛り沢山に一日で効率良くまわれたのはNさんのおかげ

感謝の思いを胸に、デイズインへ戻ってお風呂に入って就寝


■走行距離:48キロ

ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
Hello

5/16~6/16の1ヶ月間
国立公園&都市を愛車で巡るドライブ旅行をしてきました
以下はその旅行記です
------------------------------------------------

ドライブ旅行6日目(5/21・土曜日)
ヨセミテ国立公園 → サンフランシスコ

前回の記事の続きです。前回の記事はコチラ

チャイナタウンを満喫し、向かった先はピア33
アルカトラズ島へ行くフェリーはここから出ています

《アルカトラズ島》
1934年から1963年まで連邦刑務所が置かれていた島
島を取り巻く潮流は早くて水温も低いため脱獄は不可能と言われた
ここに収容されたのは主に他の刑務所で手に負えなくなった凶悪犯や脱獄の常習犯で、その中にはマフィアの帝王アル・カポネなども含まれていたとのこと

フェリー乗り場に行くと既に大勢の人が並んでいました
なんと次の日までチケットは売り切れ!事前にチケットを購入して良かった
Alcatraz Island Cruises(←ツアーの詳細・予約はコチラ)

DSC_4602_convert_20110826100142.jpg

私達が予約したのは18時過ぎに出航するナイトツアー
「ナイト」と言ってもこの頃は日が長く、出港時の空はこんなに明るかったです

DSC_4611_convert_20110826114336.jpg

こちらのフェリーに乗っていよいよ出航です
少しずつサンフランシスコの町並みが遠ざかって行きます

DSC_4623_convert_20110826115903.jpg

アルカトラズ島までは約15分
景色を眺めたり写真を撮ったり、各々楽しみます

ところで、乗客の中で一際目立つ方がいました
パイレーツ風のコートとヘアスタイル
DSC_4636_convert_201108261011561111.jpg
アルカトラズ島への冒険心が旺盛のようです

おっと、気をとられているとアルカトラズ島が近くに見えてきました
DSC_4641_convert_20110826123004.jpg
断崖絶壁です

島に到着し、施設の入り口まで坂を5分ほど上ります
DSC_4659_convert_20110826100734111.jpg

パークレンジャーからの説明を受けた後、見学スタート
さぁ、いよいよ刑務所の中に入ります

こちらは「シャワー室」
DSC_4672_convert_20110826101352.jpg
ここをぐるっと回ってオーディオ機器を受けとります
各自のペースでオーディオガイドに沿って(日本語あり!)見学できるので安心

こちらは「ブロードウェイ」と呼ばれる中央通路
DSC_4678_convert_20110826125843111.jpg
3階まであって全て独房

不可能と思われたアルカトラズ島からの脱獄に成功した囚人は3人
なんでも、食堂から盗んだスプーンで壁を掘って脱走したとか
DSC_4684_convert_20110826101733.jpg
スプーンで壁が掘るなんてすごい根性・・・壁がもろかったのかしら

↓これがその囚人がいた独房
脱走する際にカモフラージュとしてダミーの頭部を置いたそうで、かなりリアル
刑務所内でよくそんなものを作れたね~
DSC_4686_convert_20110826101922.jpg

こちらは「食堂の厨房」(ちょっとボケてた・・・
DSC_4748_convert_20110826133430.jpg
箱の中が刃物の形にくり抜かれているのは紛失していないか確認するため

↓こちらは刑務所が閉じられた日(1963.3.21)の最後の食事メニュー
DSC_4747_convert_20110826133828.jpg

外に出て見えるサンフランシスコ市街
思ったより近くてびっくり
DSC_4738_convert_20110826102046.jpg

こちらは「運動場」
DSC_4691_convert_20110826134455.jpg
囚人にとって息抜きの場だったに違いない・・・利用できたのは模範囚だけ

2時間半ほど見学をして気がつけば辺りはすっかり暗くなっていました
暗闇にたたずむ刑務所はやはり不気味です
DSC_4767_convert_20110826133921.jpg

フェリーで再びピア33に戻り、遅い夕飯を食べにまたチャイナタウンへ
(えっ、また~?って感じですが温かい麺類が食べたかったから

時間も遅かったせいか営業しているお店はほとんどなく
仕方なくあまり期待できなさそうなお店だったけどトライ

・鴨麺
DSC_4777_convert_20110826141855.jpg

・海老焼きそば
DSC_4780_convert_20110826142244.jpg

これが(予想外に)けっこう美味しくて満足
価格はそれぞれ7~8ドルだったかしら。やっぱり中華はいいわ~

これにてサンフランシスコ観光1日目終了
急々と本日の宿「デイズイン」へ行き就寝です

■宿泊地Days Inn San Francisco International Airport West
料金:8,796円/2泊(税・サービス料込み)
※サンフランシスコ市街へは車で20分ほど離れているので車のない方は不便
 そこが激的な安さの理由かな・・・
デイズインは全米各地に見かける「モーテルチェーン」の1つです
ベストウェスタンよりかレベルは下がりますが、安くて部屋は清潔感あります
シャワーの出も良い。「ほとんど寝るだけ」の場合に利用する分には問題なし

■走行距離:372.8キロ

ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
Hello

5/16~6/16の1ヶ月間
国立公園&都市を愛車で巡るドライブ旅行をしてきました
以下はその旅行記です
------------------------------------------------

6日目(5/21)
ヨセミテ国立公園 → サンフランシスコ

前回の記事の続きです。前回の記事はコチラ

4泊5日したCedar Lodgeをチェックアウトし、いざサンフランシスコへ出発!

距離は約200マイル、所要時間は4時間のドライブです
途中CA-140沿いのガスステーションで燃料補給
DSC_4507_convert_20110824030651999.jpg
チェーン店の76Shellとかではなく、いかにも地元民経営のシブイ佇まい
おトイレを借りたかったので売店へ
力自慢に出そうな大きなおじさんが「奥にあるよ」と感じよく答えてくれました

ドライブ中のおトイレ事情
日本の高速道路のようにサービスエリアはないので、おトイレはガソリンスタンドかレストエリアで利用します(レストエリアはめったに無いのでほとんどガソリンスタンド)。ガソリンスタンドでは「ご自由にどうぞ」タイプか防犯のため「店員さんに鍵を借りて利用する」タイプのいずれか

さて、サンフランシスコ方面に渡る橋が見えてきました
コチラはCA-92サンマテオブリッジです
DSC_4518_convert_20110824024024.jpg
ヘイワード側からサンスランシスコ方面に向かう場合は有料となってます
1929年に開通した橋で当時は世界最長だったそうです
海上すれすれを走る気分は爽快。フロリダの7マイルブリッジを思い出しました
DSC_4514_convert_20110824091528.jpg

US-101を北上しサンフランシスコのダウンタウンが見えてきました
DSC_4529_convert_20110824023917_20110824092532.jpg

お昼時を過ぎてお腹ペコペコ
全米随一の規模と言われているチャイナタウンへ直行です

チャイナタウン中心地の駐車場に車を停めて向かったお店は、
地球の歩き方で紹介されていた洪記麺家
コシのある美味しい麺が安い価格で食べられるということで即決!
DSC_4530_convert_20110824024435.jpg
メニュー表は英語でも書いてあります
注文したのはコチラ。どちらも5ドル前後だったと思います

★叉焼麺
DSC_4536_convert_20110824024257.jpg
★牛肉&雲呑麺
DSC_4541_convert_20110824031144.jpg
麺は細麺、スープはあっさりしているのでスルスルっと食べれます
お肉はホロホロとほどける柔らかさで美味しかった~
アメリカンサイズのボリューミーなラーメンに慣れてたせいか、量は一瞬少なく感じたけれど香港で食べた時はまさにこんな感じだったなぁ
他のお店もハシゴしたかったのでちょうどいい
おトイレは恐る恐る入るボロさでした・・・

さて、チャイナタウンの賑やかなストリートへ移動です
ロサンゼルスのチャイナタウンとは比べものにならないほどの活気
メインストリートのグラント・アベニューは観光客で賑わってます
DSC_4551_convert_20110824025823.jpg

DSC_4554_convert_20110824030101.jpg

通りには漢字で書かれた看板ばかり
シティバンクはこんなふうに表記するんですね
DSC_4594_convert_20110824025035.jpg

ストックトンストリートは地元民の香り
八百屋や点心のお店、パン屋に喫茶店、床屋など軒を並べてます
DSC_4565_convert_20110824100958.jpg
↑写真左端の点心のお店に入ってみました
お惣菜屋さんのような雰囲気で蒸し器に色々入ってます
壁に商品名と値段が書いてありますが、中国語なので想像の世界・・・
DSC_4578_convert_20110824025442.jpg
おばちゃんに中国語で話しかけられ指差しながら「アレ」とか言いながら注文
おばちゃんも分かったふうだったので一安心

が、

欲しかったものと違うものが出てきた・・・
でも味は悪くなかったです(そして安い)

次に遠くから見えた「餅」という字に惹かれて近寄ったお店
人気店のようでお店の前には行列ができていました
DSC_4581_convert_20110824103728.jpg
点心や中国版ペストリーを売っていてどれも美味しそう
私達も列に並んで、エビ餃子とペストリーを1つずつ購入
DSC_4586_convert_20110824025143.jpg DSC_4587_convert_20110824025108.jpg
どちらもとても美味しかったです

お腹も満たされて、そろそろアルカトラズ島へ行くためピア33へ移動
アルカトラズ島はサンフランシスコ観光で外せない人気スポットです

我が家は雰囲気満点 人気のナイトツアーを予約しました
(※人気なのでWebでの事前予約&チケット購入必須。この日も満員でした)

長くなってしまったので続きは次の記事でします!
それではまた

ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。