上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello

5/16~6/16の1ヶ月間
国立公園&都市を愛車で巡るドライブ旅行をしてきました
以下はその旅行記です
------------------------------------------------

ドライブ旅行9日目(5/24・火曜日)
ウィネマッカ(ネバダ州) → ソルトレイクシティ(ユタ州)

前回の記事の続きです。前回の記事はコチラ

ソルトレイクシティに到着し、
日の入りまで時間があったので少し郊外を観光することにしました

行き先はビンガムキャニオン鉱山(Bingham Canyon Mine)
露天掘り鉱山としては世界一の規模で、なんと「宇宙からも見える」とのこと

鉱山見学は夫の希望で、私は全然興味が無かったのですが
これが予想外に楽しめたので行って良かったです

DSC_5305_convert_20110905052900.jpg
入り口で入場料5ドル(車一台)を払います
http://www.kennecott.com/(見学できるのは4月~10月のみ)

ビジターセンターに向かう途中、道路脇から鹿が飛び出てきました
DSC_5310_convert_20110905053103.jpg
危うくひきそうになって怖かったわ~
鹿も怖かったのかコチラをじっと見てました

ビジターセンター・駐車場
DSC_5321_convert_20110905053713.jpg

写真右にあるタイヤは採掘場で走っているダンプカーが履いているものですが
さて、いったいどれくらいの大きさかと言うと・・・

こんな感じ

DSC_5325_convert_20110905053244.jpg
直径が夫の身長の2倍以上はあります

タイヤについての説明がありました
DSC_5326_convert_20110905053412.jpg
タイヤ1つあたりの金額は25,000ドル。トラック一台につきタイヤ6つ
寿命はたったの1年・・・とてつもない費用がかかっているんですね

上から眺めた鉱山
DSC_5331_convert_20110905054111.jpg
幅4㎞、深さ1㎞以上の巨大なビンガムキャニオン鉱山。写真に収まりきりません
ここでの主な採掘は、他は金・銀・モリブデンも採掘されているそうです

この巨大な鉱山では、あの大きなタイヤを履いたダンプカーもミニチュアカー
DSC_5374_convert_20110905054603.jpg

石を積んだダンプカーが続々と通って行きます
DSC_5368_convert_20110905054411.jpg

ビジターセンターには鉱山の成り立ちや働きなどを紹介するさまざまな
展示物があります

例えばこんなものが展示されていました

2002年に開催されたソルトレイクシティ冬季オリンピックのメダルです
DSC_5354_convert_20110905053603.jpg
ここから採掘された金・銀・銅から作られたものだったんですね

ビジターセンターの隣にはギフトショップがありました
DSC_5378_convert_20110905053851.jpg
アクセサリーやペン、レターオープナーなど銅を用いて作った様々な商品が売られており、私は記念に銅製のポストカードを購入しました

ソルトレイクシティの町から車で小一時間
ちょっといい勉強になって楽しんだ鉱山見学でした

それではまた


ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。