上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello

ロスからナパバレーへ!ドライブの旅の続編です!(前回の記事コチラ

Opus Oneの次は、これまた超定番のRobert Mondaviへ行きました

カリフォルニアワインを世界的に認められるワインレベルに高めた第一人者
「カリフォルニアワインの父」ロバート・モンダヴィさんのワイナリーです
DSC_0827_convert_20111031090214.jpg

敷地がとても広く、多くの人で賑わってました

日本人サラリーマンのグループも発見
リーマンスタイルだから目立ってましたよ

DSC_0836_convert_20111031090650.jpg

アーチ型左側にテイスティングルーム、右側にギフトショップ等があります

DSC_1008_convert_20111101081754.jpg DSC_1006_convert_20111101081925.jpg

テイスティングルームはワイナリーの規模にしては小さめのカウンターで
訪問客でかなりギュウギュウでした

10種類のワインの中から4種類選べるテイスティングが20ドル
Opus Oneとくらべるとかなりお手頃です
DSC_0840_convert_20111031093123.jpg
今回も1人分オーダーして、夫とふたりでシェアしていただきました

行ってから時間が経ちすぎて味の記憶が不鮮明ですが
テイスティングの場所が狭くて暑くて快適じゃなかったこと、
グラスにワインが多少残っていても気にせず次々注ぐので、色・香り・味が混ざりよく分からなくなってしまったことは覚えてる

あっ、でも最後に飲んだデザートワイン2010 Moscato d'Oro
フルーティーで美味しかった!好みの味でした
(こういう記憶に残ってないということは他は普通だったのかも)

このワイナリーでは、ブドウ畑や工場の見学ツアーも開催しているとのことだったので、ワイン初心者の私達にはそういう経験も必要だと思い、急きょ予約して翌日参加してみました

ツアーはいくつか種類がありますが、
「Signature Tour and Tasting」というツアーを予約
ブドウ畑やワインの製造工場見学、着席式のテイスティング(3杯)で25ドル

まず小さな部屋で、ナパの土地について、どんな葡萄が育ち、いかにワイン造りに適しているかの説明を聞いたあと、ブドウ畑へ移動!
DSC_1010_convert_20111031092813.jpg
ツアー客でなければ立ち入れない場所へ進んでいきます

ブドウ畑の中にあるテラスでおじさんがブドウ栽培について説明してくれました
DSC_1014_convert_20111102030006.jpg

ふり注ぐ太陽の光・青い空・ブドウ畑
DSC_1025_convert_20111031092535.jpg

実がこんなにたくさん実ってました
DSC_1033_convert_20111031092435.jpg
おじさんが「実を食べてみてください」と言ってくれたので喜んで試食

Chardonnay(シャルドネ)、Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)
Pinot Noir(ピノ・ノワール)、Merlot(メルロー)Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)・・・ブドウごとに酸味が強かったり甘みがあったりとそれぞれ違いがあって面白かった!

ブドウの種類が記された石が置かれているので分かりやすいです
DSC_1022_convert_20111031092649.jpg

醸造場に入る前の高台から見た景色
DSC_1037_convert_20111031092335.jpg
ロバート・モンダヴィの広~い広~いブドウ畑
のどかな風景になんだかまったり。この景色見ながらワイン飲みたかった

さて、醸造場へ移動!
扉を開けて中に入った瞬間、酒蔵独特の香りがプヮ~ン( ̄▽ ̄)

巨大な貯蔵タンクがずら~っと並んでいました
DSC_1045_convert_20111031091806.jpg

スロープを下って下のフロアに行くとこんな感じ
DSC_1051_convert_20111031091914.jpg

さらに下のフロアに行くと、これまた広い樽の貯蔵庫がありました
DSC_1055_convert_20111101075605.jpg DSC_1054_convert_20111101080832.jpg
かなりヒンヤリとしてて寒いです。自動で温度や湿度を管理しているそうです
時々、シュパ~と霧が吹き出していました

さて、貯蔵庫を見学したあとはいよいよテイスティング!
個室レストランのような、小さなお部屋に通されました
DSC_1072_convert_20111031092117.jpg

落ち着いた空間で、ワインの説明を聞きながらテイスティングできるのはイイ

DSC_1083_convert_20111102040436.jpg DSC_1092_convert_20111102040538.jpg

ワインオープナー3種の使い方説明もあって、小道具好きの夫は目がキラリ
使いやすそうなオープナーをあとでギフトショップで購入
その後、我が家では大活躍中なのでイイ買い物となりました

DSC_1075_convert_20111031092238.jpg

75分間ずーっと英語説明なのでどうかな~と思っていましたが
100%聞きとることはできないけれど、ワイン素人の私達にとっては色々ワインのこと、モンダヴィのことを知ることができたので参加して良かったです

次回に続きまーす

ブログランキングに参加中です。応援ポチポチっとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
スポンサーサイト
コメント
ワイン用のぶどうの実を味わうことが
できたのですね。
とってもよい経験をされましたね。
うらやましぃ~
2011/11/02(Wed) 07:37 | URL | Mie | 【編集
ここのワイナリーも素敵なところですね☆
このツアーでワインをブドウから説明してくれたり、作ってるところを見せてくれたり…と、ワインを知らなかったり、また、今まであまり飲まなくても興味をもちますね(^^)
今年のクリスマスは…生意気にワインでも飲んじゃおうかな☆
2011/11/02(Wed) 16:11 | URL | ミポ | 【編集
Mieさん
初めての経験でした^^
ワイナリー巡りをしたことで、よく分からず飲んでいた頃と比べて
ワインを飲むことが楽しくなりました!
2011/11/02(Wed) 21:06 | URL | ナオ | 【編集
ミポさん
Opus Oneよりカジュアルで、みんなにオープンな感じが居心地よかったです!
やっぱりお高い雰囲気よりこういう方が自分にはあってるなf^^

何も分からず飲んでた頃に比べて、ワインを飲むことが楽しくなりました。
こんなことならもっと早くにワイナリー巡りするんだったな~とちょっと後悔も。。。

クリスマス!そっかぁ~もうあと2ヶ月きってるんですよね(><)
ぜひ今年は生意気にワイン飲んじゃいましょう(笑)
2011/11/02(Wed) 21:15 | URL | ナオ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。